しっかりと保管を

実印イメージ

個人の印鑑として、一番重要なものは、当然実印になります。
そのためしっかりとした管理のもと、保管をしなくてはいけません。

これが盗まれたり、偽造されたりしたらいろいろな場面で悪用されてしまう可能性がありますからね。

また、会社にとって一番大事な印鑑は代表者印になります。
代表印や会社実印とも呼ばれていますから、個人にとっての実印と同じように重要なものなのです。

当然これもしっかりと管理していなければ大変です。
会社の経営にも大きく影響してくることでしょう。

また、銀行印だって同じです。
お金に関わる重要な印鑑になりますから、これが盗まれるようなことがあれば、お金がなくなってしまうことだってあります。

個人の場合でも会社の場合でも、お金は非常に大切なものですから、それ以上に印鑑の管理は重要なものだと考えなくてはいけませんね。

それでは、個人の実印と会社の実印、一体どっちの方が大事なんだろうと考えてしまうことでしょう。
ほとんどの場合は、それは比較対象にはなりません。

どちらもお互いにとって大切なものですから、どちらを失ったとしても受ける被害は大きいものです。

特に大きな会社ですと、個人が持っている資産なども多いでしょうから、どちらをとっても大きな損失につながる可能性があります。

たった一本の印鑑で、人の人生が大きく変わってしまうことだってあるわけです。
自分のミスで大変な人生を送らないようにするためにも、印鑑はしっかりと保管しておくことが大切ですね。

ページの先頭へ